無料
エロ
動画

女子生徒の涙

女の子の涙や泣き顔、泣く姿に萌える方のみ見てください。

ルームシェアしている女の子は

今、おいらの家でルームシェアしている女の子は4人いる。

4人の名前は、はるか、こはる、みき、ことねという。

はるかは、一番最初に入った子で、美人の女子大生20歳。モデルのバイトもしている。こんな美人の女の子とルームシェアできるなんて幸せものだと思った。

こはるは、フリーターの女の子22歳。将来は起業するのが夢で、自立心のある子で話しているとおいらも刺激になる。

みきは、田舎から上京してきた19歳の浪人生。医師になるのが夢で、毎日予備校に通い、夜遅くまで勉強している。

ことねも同じく田舎から上京してきた18歳の女子大生。4人の中では一番かわいらしい女の子。

四人とも将来、成功して、この家がトキワ荘みたいになるといいなと思っている。

新居を建てました!


何年ぶりかに?ブログを再開してみました。

今見てくれている方もいるのでしょうか?

ここ数年、いろいろなことがありましたよ。

まずね。僕、新居を建てました!

自慢じゃないけど結構豪華なんですよ。

地下一階、地上三階建ての重量鉄骨の一戸建て!

今までは、狭いアパートに住んでいたのに一気にブルジョワになった気分ですよ。

もう最高だね。

あくまでもイメージです

そんな新居建てて、結婚でもしたの?

と思われるかもしれませんが実はそうじゃないんです。

親が住んでいる家がもうぼろぼろで建替えの時期だったのね。

おいらはまだ一戸建てなんて必要ないんだけど、いずれはおいらと同居することになるから、ちょいと奮発して、二世帯住居になるようにつくろうって話になったんだ。

それでおいらも少し出費して、ほとんどは親が出費したけど、地下一階、地上三階建ての家を建てたんだ。

この時点で、おいらはまだ住む予定はなかったんだ。同居するのはいい嫁さん見つけて結婚してから、ずっと先のことだと思っていた。

でも、すぐに、その家に住むことになった。

いいことじゃないよ。

両親が急死してしまったんだ…

立て続けにおやじとおふくろが亡くなってしまって天涯孤独の身になってしまった。

おいらが一人で地下一階、地上三階建ての家に住むなんて…

広すぎるよ…

それにローンだって、まだ残っている。おいらの収入だけでは手に余るんだ…

そこでどうしようかほんとに考えた。

手放したくはない。

でも、おいら一人では維持するのはきつすぎる。収入だって増えない。

それで考えた末に、家を一部貸すことにした。
もともと二世帯住居だから、おいらが3階を全部占有しても、1、2階は、貸し出せる。

問題は、各フロアにキッチンやバスルームがないこと。キッチンやバスルームを追加する工事費用なんてとても負担できないから、賃貸マンションみたいな形で貸し出すことはできない。



そこで、最近流行のルームシェアという形で貸し出すことにした。

ホームページも作って、入居者を募集したところ、若い人たちに入居してもらうことができた。

最初は男だけだった。

いやー。むさくるしいね。

しかも、なんかむなしかったわ。

毎日毎日、男どもがおいらの新居の中を徘徊してるんだぜ。

面白いやつもいるけど、一生このままでいいのかと思ってしまったわ。

しかも、せっかくの新居なのに、部屋は汚されるし…

男は部屋をきれいに使わないから困る。

というわけで、男どもに住まわせるのはだめだと悟った。

そこで、男どもには、さっさと出て行ってもらうことにして、今度は、女子を募集することにした。

女子とルームシェアするなんてどんな感じかとわくわくした。

あんなことこんなこと、いろいろ妄想してしまって・・・

だけど、同棲じゃないからね。あくまでも同居。

それにおいらは、寮父という立場だから、彼女たちと関係を持つなんてもってのほか。

あくまでも、男より女子のほうが部屋をきれいに使ってくれるだろうと思っての募集だから。



試行錯誤の末、10代後半から20代前半の女子が4人も入居してくれた。

はっきり言って、みんなきゃわいい!

自制心を保てるのか不安だったわ。

だけど、初対面では、彼女たちの方は、おいらには興味なさそうで、深いいい関係にはなりそうもなかった。

彼氏とかも外で作っている感じの子たちだし…

最初はよそよそしかったけど、同居しているうちに、彼女たちとも打ち解けで、おいらをお兄さん代わりくらいには思ってくれるようになって、おいらに相談を持ち込んでくれるようになった。

ってのが今の状況です。

じゃあまたな。








ああ。忘れてた。このブログは泣き顔フェチ向けのブログだったな。

真の泣き顔フェチなら、これだけの舞台設定しておけば、次の展開は読めるな?

次の更新を楽しみに待っててな。

新サイト作成

今日は、新しい泣きフェチサイトを作ってみたお

いろいろなコンテンツを投入したらい!

泣きフェチのポータルサイトみたいになればいいなあ

要望があった画像掲示板も作り直したお

今度は荒らさないでくれお



Crying Girl 泣いてる女の子はかわいい!


女の子の泣き画像・動画掲示板


ヨロシク

泣き虫女子高生アイドル

前の記事で紹介した外国の女の子の動画をたどると分かると思うが、アメリカなどでは、自分の泣き顔を撮ってアップロードしている女の子が結構いっぱいいる。

画像の質や女の子のかわいらしさなどからして、泣き顔フェチ的に萌える動画は少ないが、それでも、女の子の泣き顔動画が皆無と言ってよい日本に比べれば恵まれていると言えよう。


最近では、マニアックなアイドルというのが流行っているそうだ。

多様なアイドルが毎年、たくさん登場しており、正統派アイドル路線で売り出すことは難しくなってきたため、特定の趣味を持つものを狙ったマニアック型アイドルである。

今年の流行語候補にも上がっている歴女というのも、一種のマニアック型アイドルらしい。

蛇足であるが、僕自身、日本史好きであることもあり、歴史好きの女の子が増えてくれることはうれしいことである。


さてここで述べるのは、歴女のことではない。
マニアック型アイドルが増えてきているにもかかわらず、なぜか、「泣き虫アイドル」と呼ぶべきアイドルが存在しないのだろうかということである。




「泣くこと=うざい」

という固定観念があるからであろうか?

だとすれば、そんな固定観念は取っ払ってしまったほうがいい。

少なくとも、本当にかわいい女の子であれば、泣いているシーンも絵になるし、萌える。

たとえば、ゆうこりんが泣いていたとすれば、ゆうこりんファンの男は萌えを感じるはずだし、抱きしめたり慰めたいと思うはずだ。


ゆうこりんほどのかわいい子でなくても、女の子の涙を前にした男は以下の3つの反応を示すと言われている。

1、おろおろしてどうしたらいいかわからなくなる
泣かしてしまったことに嫌悪感を抱いてしまったり、彼女などであれば、うろたえてしまって、次の言葉が見つからない人たちもいるようだ。一般的に、女の涙に弱いという男。

2、うざいと感じる
喧嘩して、彼女を泣かしたようなときや、女の涙は武器だと思っている男は泣く女に嫌悪感を抱いてしまうそうだ。

3、女の涙をみて喜ぶ
ドSの男や、僕のような泣き顔フェチといわれる男が女の子の涙に喜ぶ。

実は、女の涙をみて喜ぶ男は、一番少ないらしい。ほとんどの男は、女の涙を快くは思っていない。
しかし、少ないながらも、

「女の涙に萌えるというマニアックな層は確実に存在する。」




今の時代、そのマニアたちを狙い撃ちにしたアイドルというのがいても良いのではないか。

芸能事務所の方もたくさんのアイドルを抱えているのであれば、一人くらいは、「泣き虫アイドル」として売り出してみる冒険をしてみてもよいのではないだろうか。

「泣き虫女子高生アイドル」とか「早泣きアイドル」なんかもいいかもしれない。

泣いてる動画をたくさんアップロードしてくれたり、泣き顔中心のDVDを出してくれたりすれば、熱烈に応援しますぞ。

たった一粒の涙が足りなくて・・・

僕の生まれ故郷の山奥には愛涙神社と言われる神社がある。

神社と言っても、大きなものではない。鳥居もないし、うっそうと茂った林の中に、ぽつんとひとつだけ小さな本殿が立っているだけの小さな神社である。

その神社は普段から人気がなくて、管理している人がいるわけでもない。
かといって、荒れ果てた廃屋になっているわけではなく、一応、誰かが手入れしている神社であった。

普段は、誰も近寄らない神社だし、年寄りの人もあまりお参りに来ている様子はなかった。

むしろ、時々、若者のカップルが参拝に来ていたり、中には本殿の中に勝手に入って何事かしているといううわさであった。

ちまたでは、恋愛成就の神社と言われているようで、そのために、若者ばかりが参拝しているのダウと思っていた。


僕がその神社の言い伝えを知ったのは中学のときであった・・・



昔、そのあたりが、一面に田んぼが広がっていたころ。
ちょうど、太平洋戦争の末期の夏であろうか。

その村には、一人の若い男と女が恋愛関係になっていた。この時代、結婚は家と家のものとされていて、家柄や家系などが重視されていたが、このカップルは、当時としては、珍しく、恋愛関係から発展して、婚約も認められた。
偶然なのか、周りに理解者が多かったのかどうかは分からない。

とにかく、若いカップルはラブラブの関係で、あとは結婚式を待つばかりであった。

山奥の村は、貧しくはあったものの、空襲等とは無縁で、戦争中とはいえ比較的のどかであったと言い伝わっている。

しかし、皆様ご存知のとおり、若い男は、どこでも赤紙で召集される時代のこと。
その男も程なくして、赤紙が届けられ、陸軍に召集されて、南方戦線に赴くことになった。

二人は、一時は、お国には逆らえないと涙を呑んで婚約も破棄したものの、夜二人っきりになると、分かれがたく、ついには、駆け落ちしてしまおうとまで考えた。

しかし、考えたものの、この当時は交通手段もない。個人が車など持っているわけもない時代のことである。
遠くに逃げるようなことはできず、結局、昔からある古ぼけた神社に一時身を潜めるのがやっとであった。

二人は、その夜、神社の本殿ですごすことになったのだが、天井を見上げると、この神社にまつわる古くからの言い伝えが記されていることに気が付いた。

それによると、この本殿の中に、本当に愛し合ってるカップルが二人だけで入って、女性が男性のために泣き、涙を100滴以上杯にそぞぐことができれば、どんな障壁があっても必ず二人は一緒になれるというものであった。

女は早速、泣いた。
泣こうと思えばいくらでも泣けた。男は、女の涙を一滴たりとも無駄にしまいと、月明かりだけを頼りに、女の涙をしっかりと杯にためていった。

一人で100滴以上も涙を零すことは容易なことではない。
しかし男は、しっかりと涙の粒を数え続けた。女も頬を流れる涙の感覚でこぼれた涙の数を数えていた。

80粒まで流したところで夜が明けた。
女は半ば涙も果てていたが、それでも、まだ何とか涙を零し続けた。
90粒・・・
99粒まできた。後一粒というとき・・・

本殿の戸が開かれて、そこには、兵士たちが立っていた。

逃げた男と女だということが分かると、すぐに、引き離された。男は、引きずられるように、トラックに載せられ、女は、涙の残った杯とともに、その場に蹴飛ばされて倒れこんだ。

女の涙の入った杯は割れて一面に広がり、女は、自らの涙を浴びながら泣き叫んでいた。

「お願いです。連れて行かないで・・・」

その声むなしく、男を載せたトラックは、村の道を走り抜けて、二度と帰れない戦線へと男を送り込んでいった。

もしかしたら、数え間違いで、100粒超えていたかも・・・

女は、男の帰りを待ち続けた。

この村は、空襲とは無縁で、戦争といえば、働き盛りの若い男たちが兵隊に取られたことと、鎌やなべなどの金属類が取られた事ぐらいでしか実感がわかないものであった。

よく聞き取りにくい玉音放送があって、戦争が終わったと聴かされても、女にとっては、何の変わりもない生活がただ続くだけだった。

ひたすら男の帰りを待つ。

それだけであった。

間もなく、男の消息が伝わってきたのは、終戦の年の暮れであった。
それによると、男は、南方のビルマに送られて、某作戦に従軍し二度と帰ってこなかったということであった。

男の家族の下には、骨もない、位牌だけが入れられた木箱が届けられただけであったという。

男との結婚だけを夢見て待ち続けた女は悲嘆にくれた後、家族が目を放した隙に、近くの川に身を投げて自害して果てていた。


あとたったの一粒の涙で願いが成就したかもしれないのに・・・


その悲しい伝説があってからいつしか、その神社は、愛涙神社と名づけられて、男女のカップルが参拝し、女がたった一粒でも涙を杯に落とすことができれば、そのカップルは必ず結ばれるという伝説が生まれたといわれている。





このお盆休みは、久しぶりに帰省して、その神社にいってみたら、本殿の裏に中学生くらいのカップルらしい男の子と女の子がいた。
田舎の子にしてはちょっとかわいらしい女の子でポロポロ涙を零していた。
男の子は、女の子の涙を拭いてやっていて、やがて、抱き合っていた。

「涙を拭いてやるんじゃなくて、杯にためてやるんだよ。」

といおうかと思ったけど、そっとしておいてあげることにした。

«  | HOME |  »

Calendar

10 | 2017-11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Appendix

泣き顔フェチ

泣き顔フェチ

このブログに書かれることはあくまでも、妄想であり、事実ではありませんよ。

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

利用規約

このブログを通報

Report Abuse


エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

close