無料
エロ
動画

女子生徒の涙

女の子の涙や泣き顔、泣く姿に萌える方のみ見てください。

レイカの涙の続き

レイカがしゃっくりあげるのをやめて落ち着いてきたところで
泣いた理由を一応聞くことにした。
女の子が泣いた後なのに、さあ、勉強するよと言うわけにはいかないよね。
泣いた理由を聞けば、また涙をこぼしてくれるかもという期待もあったけどね。

でも、レイカは、泣き止むと、もう泣かない子みたいだった。
泣きたいだけ泣いたから、もう十分なのかもしれないけど。

レイカが語ってくれたところによると、どうやら、今日は、学校で三者面談が合ったらしい。
話題は、進路のことだけど、それがきっかけで、家に帰ってから、レイカは母親と喧嘩したみたい。
喧嘩しながら、ちょっと泣いたらしいけど、僕が来たから、泣くのを我慢していたんだって。
でもこらえ切れなくて、泣いちゃったらしい。

「いきなり、泣いてごめんなさい。」
なんて言われたけど、
「いいんだよ。泣きたいときはいつでも泣いてね。」




そういいながら、湿っぽくなっているまつげの周りをもう一回、ハンカチで拭いてやった。

「泣いたことはママに言わないで。」
って、年頃の女の子らしく、泣くのは恥ずかしいことだと思っているんだね。
それなのに、僕には、泣き顔を思いっきりさらしてくれるなんて、それだけ信用されているのかなってちょっとうれしかったなあ。

その日の夜は、帰ったら、即効で、レイカの涙を吸ったハンカチが抜きネタになりましたとさ。
レイカの泣き顔を思い浮かべながら、抜きまくりでしたよ。


家庭教師をやっていると、たまに、かわいい女の子を教えることがあるから、そんなときは、心の中で、ラッキーと思っちゃうね。
そりゃ、抜きネタになるなんてあからさまなことは言いませんよ。
「女の子は、まじめに勉強してくれるから教えやすいですね。」
って、あくまでも、表面的なことしかいいません。

しかも、かわいい女の子と二人っきりでいるときに泣く姿を拝めてしまうなんて機会はめったにあるものではありません。

一度だけ、レイカ以外にも女の子が泣く姿を見たことはあります。
そのときは、自分で涙を拭いてたから、涙を拭いてやるようなこともなかった。
それは、最後の授業のとき。
中学三年生の女の子で、かなりかわいい子。
最後の授業だから、今日でお別れだね。みたいな事を話していたら、だんだん、涙ぐみ始めて、しまいには、涙をぽろぽろこぼし始めちゃって。
泣きじゃくるようなことはなかったけど、涙が、10粒くらいはこぼれていたね。
洋服の袖で、すぐに涙をぬぐっていたから、正面から泣き顔を見ることはできなかったけど、しばらくは、抜きネタになりましたよ。

レイカも、最後の授業では泣いてくれるといいなあ。
それとも、進路の話とか、恋愛の話とかすれば泣いてくれるかな?

家庭教師のアルバイト先でのこと

僕は都心の大学に通うごく平凡な大学生。
女性にも興味があるし、彼女も作りたいとは思う。
でも、僕の女性に対する欲望はちょっと変わっているみたい。
僕は、はっきりいって、女の子の裸だとか注入とかそんなことは興味ない。
せいぜい、女の子の太ももを見るとむらむらしてきて、すまたしてもらいたくなる程度。

一番むらむらするのは女の子の泣き顔。

うん。そうなんだ。女の子の泣き顔が一番抜きネタになる。

先日こんなことがあった。
僕は世の中のことを知りたくて、いろいろなアルバイトをしているんだけど、家庭教師のアルバイトもしている。

中学2年生の女の子を教えているんだけど、かなりかわいい子で、いもうとアイドル倶楽部にも載っていてよさそうな子。
仮にレイカと呼ぼう。
レイカは、いつもは、ハイテンションで、勉強するときも、やる気満々で、志望校を突破するぞって意気込んでいる子。教えているこっちまで、元気をもらえるような子。

その日は、なぜか、元気がない。
勉強しているときも、テンションがあがらないし、ミスも多い。
目がちょっと赤いから、風でも引いているのかなと心配になった。
新型インフルエンザがはやっていることだし、
「体調悪そうだけど、大丈夫?」
って聞いたけど、首を振るだけ。

いつもなら、大丈夫パッカルコーンだお!なんて言いそうなものなのに…
兄ではないから、それ以上は突っ込めないと思い、計算問題を解く姿を見守っていた。

明らかに、レイカはいつもと違う。
それどころか、両目には、涙がたまってきて、しまいには、ポロリと涙が目からノートに落ちた。




もうね。いきなり大好物の女の子の涙ですよ。
理由は分からないし、泣かすようなことした覚えもないのに、細工もなしに、いきなり、ご馳走がずらっと並んだわけで。

理性を失っていいなら、そのまま、レイカの顔を上げさせて、じっくり泣き顔の写真を取りますよ。もっと泣かすためにいろいろ…
でも、暴走しちゃいけないってことは分かっていたから、まずは、急に泣き出して驚いている先生を演じたわけ。

「レイカちゃんどうしたの?」
レイカの背中をさすりながら、レイカの顔を覗き込んだ。
レイカは、何も言わずに、ただ、涙をぽろぽろこぼし続けるだけ。
ノートには、10粒は涙がこぼれていた。

すると、レイカは、ようやく顔をあげて、涙声で、
「ちょっと、泣いていいですか?」
って言うじゃないですか。
もちろん、いいに決まっていますよ。何分でも泣きたいだけ泣いてくださいよ。
でも、顔は上げたままね。とは言わなかったわけなんだけど、
レイカは、僕のほうに向き直って、顔も隠さないで、しゃっくり上げながら、泣き始めたんですよ。

誰かが見ていたら、明らかに、僕がレイカを叱って泣かしているみたいじゃないですか。
でも、ここは、レイカの部屋だし、幸いにして、母親もお使いに出かけていて、僕の授業が終わるころまでは帰ってこないので、母親にも見られる心配は無いわけで。

レイカの涙は、目の真ん中から、まっすぐに頬に伝わって、あごの先でまとまって、ぽたぽたと、レイカのスカートにしみ込んでいた。
セーラー服を着ていたから、なおさら、萌えましたよ。

鼻の頭も少女らしく、泣いたせいでピンクに染まっていて、それがまたかわいらしい。少女が泣くときだけに見られる神秘だね。

このまま、泣く姿をずっと見ていてもよかったけど、女の子がぽろぽろ涙こぼしているのに、]反応なんてちょっとおかしいじゃないですか。

だから、こういうときのためにいつも持っていたきれいなハンカチを取り出して、レイカの頬に当てて、涙をぬぐってあげた。
そりゃ、直接、涙を拭いてやったりとか、ほっぺたの涙をぺろぺろなめたいですよ。
でも、年頃の女の子は手を握るのすら嫌がる子もいるじゃないですか。だから、直接触れるのはまずいと思ったわけ。

ハンカチで涙をふいてやると、レイカも落ち着いてきて、しゃっくりをもらさなくなって、
ようやく、話を聞けるようになった。
5分は泣きじゃくっていたね。

もっと書きたいけど今日はここまで。

 | HOME | 

Calendar

08 | 2017-09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Appendix

泣き顔フェチ

泣き顔フェチ

このブログに書かれることはあくまでも、妄想であり、事実ではありませんよ。

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

利用規約

このブログを通報

Report Abuse


エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

close